ウイスキーって、どんな種類があるんだろう?漠然とそう感じてこのページを訪れた方もきっといらっしゃると思います。

ウイスキーの種類は、産地で分けて考えるととりあえずわかりやすいと思います。このページでは、「産地」でウイスキーを分類し、その種類をご紹介していきます!

ウイスキーの種類を産地で分ける!「5大ウイスキー」って本当?

さて、ちょっとウイスキーを飲んだりウイスキーについて調べたりすると、こんな話を聞いたことがあるかもしれません。「世界には5大ウイスキーがある。スコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、そして日本だ!」というものです。

私はこれ、ちょっと眉唾ものなんじゃないか?なんて疑ってしまいました。というのも、以前カナダのリカーストアでウイスキーを探した時、「カナダ」「アメリカ」「スコットランド & アイルランド」というコーナーは見かけるものの、なかなか「ジャパン」のコーナーは見かけないからです(「その他」コーナーに日本のウイスキーがちょろっとある程度でした)

で、オンラインではありますが英語の情報を色々と調べると、英語でも日本のウイスキーに注目する記事やサイトが色々と出てきました。それから、日本で言われている5大ウイスキー論はきっと本当なんだと思うようになりました。

実際、2001年に『余市シングルモルト10年』がイギリスの『ウイスキーマガジン(Whisky Magazine)』にて最高評価を獲得して以降、「日本のウイスキーは美味しい」と世界で見直され、注目されているようです。

では、私の疑問が解決したところで、ここからは実際に世界5大ウイスキーを順番に見ていきましょう。

スコッチ・ウイスキー(スコットランド)

スコッチウイスキーのわかりやすい特徴は、スモーキーフレーバーです。手法や特徴は蒸留所によりますが、麦芽を乾燥させるときに、ピートを炊いて乾燥させることで、このスモーキーなフレーバーがうまれます。

またイギリス国内では、2009年に「スコッチウイスキー レギュレーション」というルールが制定されました。このレギュレーション(規則)の中で、「スコッチとはこういうもののことだ」という定義がなされています。

  • (a)スコットランドの蒸留所で蒸留され、水と大麦の麦芽(全粒の穀物のみ添加され得る)から蒸留されていること
    1. その蒸留所でマッシュ(原料を潰して水などを加えてドロドロにすること)され、
    2. その蒸留所で糖化され、
    3. その蒸留所で酵母の添加のみで発酵させたもの
  • (b)その原料およびその製造方法固有の香りや風味を残すように、アルコール度数94.8%未満で蒸留されていること
  • (c)700リットル以下の容量のオーク樽のみで熟成されていること
  • (d)スコットランド内のみで熟成されていること
  • (e)3年以上熟成されていること
  • (f)許可された倉庫、場所のみにて熟成されていること
  • (g)使用される原材料や製造・貯蔵方法に由来する色、香り、味を持っていること
  • (h)次に挙げるもの以外のものが添加されていないこと
    1. カラメル色素
    2. 水とカラメル色素
  • (i)40%以上のアルコール度数があること

以上が、ざっくり日本語に翻訳したスコッチウイスキーの定義です。スコットランド内でほとんどのプロセスが行われることが非常に厳密に定められています。

有名なスコッチブランド

ここで、スコッチの有名ブランドをいくつかご紹介します。

マッカラン

「シングルモルトのロールスロイス」と呼ばれるマッカラン。熟成に使う樽の品質にこだわるこの蒸留所では、ラインナップの中にシェリーオーク樽熟成シリーズがあります。シェリーを3年間詰め、樽の品質を整えてからウイスキーの熟成を行う、こだわりの熟成です。

> マッカランの最安値をAmazonで確認する

アードモア

元々はティーチャーズというブレンデッドウイスキーに重要なモルトウイスキーとして配合されるために製造されていたウイスキー。当時はシングルモルトとしてこのお酒が出回ることが少なく、カルト的な人気があったそうです。

> アードモアの最安値をAmazonで確認する

ボウモア

ほとんどの蒸溜所が委託に切り替えた、ピート採掘や大麦のフロアモルティング(大麦から麦芽を出す作業)といった伝統的な工程を今でも実践している、数少ない、そして歴史の長い蒸留所のお酒です。

> ボウモアの最安値をAmazonで確認する

ラフロイグ

独特な香りにオイリーで濃厚な味わいなどなど、強烈な個性があり、凄く好きになる人と嫌う人の好みがはっきりとわかれると評されるウイスキーです。ボウモア同様、やはり一部のフロアモルティングを自社で行っているそうです。

> ラフロイグの最安値をAmazonで確認する

ジョニーウォーカー

世界で最も飲まれているスコッチウイスキーだというデータもある、超有名銘柄です。今回例に挙げたウイスキーの中では唯一ブレンデッドウイスキーで、商品は赤や黒などのカラーリングでわかりやすく分けています。カラーシリーズの中での最高級は、青色の「ジョニーウォーカー・ブルー」です。

> ジョニーウォーカーの最安値をAmazonで確認する

アイリッシュ・ウイスキー(アイルランド)

アイルランドは、スコットランド同様にウイスキーの起源に最も近い国のひとつです。

サントリーお客様センターのサイトによると、ウイスキーという言葉の起源について次のような説明がされています。

ゲール語で「生命の水」という意味のウシュクベーハー(Uisge-beatha)が語源と言われています。(中略)ゲール語を使っていたゲール族とはヨーロッパ中西部に起った古代民族ケルト族のうち、海を渡ってアイルランドからスコットランド地方へ移住した一部族。この末裔(まつえい)が現在のスコットランド人やアイルランド人と言われています。

引用:ウイスキーの名前の由来はなんですか? サントリーお客様センター

スコットランドとは、海を挟んですぐ近くに位置するアイルランド。気候や文化的背景も似ている両国ですが、そのウイスキーの製法は少し違います。

アイルランドウイスキーには、この地独特な「ピュアポットスティルウイスキー」というジャンルがあります。これは伝統的には、大麦麦芽と発芽させない大麦を使い、さらにオート麦、小麦、ライ麦を加えた合計5種類の原料を混ぜ合わせて作るものでした。

現在「ピュアポットスティルウイスキー」と呼ばれるウイスキーは、当時は違って大麦の麦芽と未発芽の大麦のみを原料にするものが多いそうですが、依然この地域独特のウイスキーづくりをしています。

また、スコッチのようにピートを炊くことはなく、3度蒸留を行うという特徴があり、これがアイリッシュウイスキーの飲みやすさにつながっています。

それからアイリッシュウイスキーといえば「アイリッシュ・コーヒー」も有名です。アイリッシュウイスキーにホットコーヒーを加え、砂糖、クリームを合わせたカクテルです。寒い冬に心と体を温めてくれる、大人のカクテルです。

有名なアイリッシュブランド

さて、アイリッシュウイスキーの有名所を抑えておきましょう。

ジェムソン

唯一、私が以前から名前を耳にしていたアイリッシュウイスキーが、ジェムソンでした。普通の居酒屋にも割と置いてある、アイリッシュの定番有名銘柄です。

> ジェムソンの最安値をAmazonで確認する

ブッシュミルズ

現在運営されているアイリッシュウイスキーの蒸留所の中で最も古い、1608年創業の蒸留所です。アイリッシュウイスキーらしく、ピートは使わず、3回の蒸留を経て作られます。

> ブッシュミルズの最安値をAmazonで確認する

バーボン・ウイスキー(アメリカ)

バーボンウイスキーは日本でも非常に有名だと思います。むしろ「バーボン」という呼び方そのものが有名なので、バーボンがウイスキーの仲間であることを知らない方もいらっしゃいます。

アメリカでは、「バーボン」と名乗れるお酒に対して製造上のルールを課しています。

  • アメリカで製造されていること
  • 原料とする穀類の中で、とうもろこしを51%以上使用していること
  • 焦がした新品のオーク樽で熟成されること
  • アルコール度数80%以下となるように蒸留されること
  • 樽に詰められる際に62.5%以下のアルコール度数になるように加水して熟成されること
  • アルコール度数40%以上でボトル詰めされること

さきほどのスコッチウイスキーのルールと比べると、原材料でも製造工程でもかなり異なるルールを設定しています。それほど、スコッチとバーボンは伝統的に異なるお酒だということです。

バーボンといえば、個人的にはルパン三世の次元大介が飲んでいるウイスキーという印象が強いです。ある意味その印象通り、味には荒々しい特徴があります。熟成期間は短めで、熟成樽の内側は焦がされてから使われます。独特の風味が楽しめるのがバーボンなんです。

有名なバーボンブランド

ワイルドターキー

アメリカンウイスキーで、断トツに有名なのは、ジャック・ダニエル(Jack Daniel)です。が、一応ジャック・ダニエルはテネシーウイスキーというジャンルに入るので、それを除くと、ワイルドターキーというウイスキーの名が、バーボンとしてはよく知られています。

> ワイルドターキーの最安値をAmazonで確認する

カナディアン・ウイスキー(カナダ)

カナダのウイスキー製造が地位を確立したのは、アメリカが1920年から1933年にかけて禁酒法を実施し、消費のためのアルコールの製造、販売、輸送が全面禁止された事によります。

この14年弱の期間、アメリカ国内のウイスキー蒸留所には規制がかけられました。また、当時アメリカに沢山のウイスキーを輸出していたアイルランドの蒸留所にも大きな打撃となりました。

しかしこれが原因で、逆に隣国で国境を接するカナダの蒸留所では、逆に密輸の需要が高まったのです。

私は、お酒の歴史は税と法律の歴史だと常々思っているのですが、この場合は法律がお酒の文化を極端に変えてしまったのです。

カナディアンウイスキーの製造にも特徴があります。一般的な作り方として、カナディアンウイスキーはライ麦(麦)をベースにして作った「フレーバリング・ウイスキー」と、とうもろこしをベースにして作った「ベース・ウイスキー」を、別々に熟成させた後にブレンドします(一般的な例です)

有名なカナディアンウイスキーブランド

カナディアンクラブ

カナディアンウイスキーの代表銘柄といえばカナディアンクラブです。前述の通り、とうもろこしベースのベースウイスキーとライ麦やとうもろこし、ライ麦の麦芽、そしてモルトを原料にしたフレーバリングウイスキーをブレンドしています。

> カナディアンクラブの最安値をAmazonで確認する

ジャパニーズ・ウイスキー

最後はジャパニーズウイスキーです。

近年、国際的なコンペティションでの受賞回数が増え、ジャパニーズ・ウイスキーには勢いがあります。

ジャパニーズ・ウイスキーはスコッチウイスキーのスタイルを習っています。更に細かい特徴としては、日本ではブレンデッドウイスキーが多く作られていることが一点。そして、オーク樽を使うことを必要条件としているスコッチに対し、日本では伝統的にミズナラの樽を使用する場合があります。

有名なジャパニーズウイスキーブランド

ジャパニーズ・ウイスキーの代表銘柄も見てみましょう。

サントリー 響

国産ブレンデッド・ウイスキーの最高峰、サントリーの響です。多くの方が耳にしたことがあると思います。特に30年物の響30年は、何度もインターナショナル・スピリッツ・チャレンジで最高賞を受賞しています。

> サントリー 響の最安値をAmazonで確認する

ニッカ シングルモルト余市

マッサンで一般的に名が知れ渡った竹鶴政孝さんが、スコットランドと気候条件が似ていると言った北海道の余市で作られる、スモーキーなウイスキーが『シングルモルト余市』です。高温でポットスチルを熱する石炭直火蒸留という独特な蒸留方式をとっていて、味に特徴があります。

> ニッカ シングルモルト余市の最安値をAmazonで確認する

参考:
The Scotch Whisky Regulations 2009
ザ・マッカラン サントリーウイスキー
アードモア サントリー
ボウモア サントリー
ジョニー・ウォーカー – Wikipedia
参考:
アイリッシュ・ウイスキー – Wikipedia
ウイスキーの名前の由来はなんですか? サントリーお客様センター
ENJOY | NIKKA LIFE
ブッシュミルズ | アサヒビール
バーボン・ウイスキー – Wikipedia
意外と知らない?バーボンの基本と飲み方、おすすめの銘柄。 | ACCETORY
カナディアン・ウイスキー – Wikipedia
カナディアンクラブ サントリー
ジャパニーズ・ウイスキー – Wikipedia
響 (ウイスキー) – Wikipedia
PORTFOLIO 響ラインナップ 響-サントリーブレンデッドウイスキーの最高峰- サントリー
シングルモルト 余市・宮城峡|商品紹介|NIKKA WHISKY