ワインの種類は、大まかに言えば4つの種類に分けることができます。

「赤ワイン、白ワイン、ロゼ・・・あとなんだ?」と思われた方。そうではではないんです、ごめんなさい。それも勿論正しいんですけど、もうひとつ上の分け方で4つ種類があるので、まずはそちらを見ていきましょう。

4種類に分けられるワイン

ワインは大まかに、炭酸なしの普通のワインを指す「スティルワイン」、炭酸を含む「スパークリングワイン」、ワインに高アルコール度のスピリッツを加えてできる「フォーティファイドワイン」、そしてスティルワインに薬草や香料甘味料などで味付けをして造られる「フレーバードワイン」という4つの種類に分類できます。

スティルワインには赤ワインや白ワイン、ロゼなどが含まれます。ちなみに、アルコール度数が9度から15度前後となっていて、最もよく目にするタイプのワインです。スティルとは「動きなく静寂な」というような意味。似たような使われ方として、イタリアンなんかに行くと「スティルウォーター」もしくは「スパークリングウォーター」なんて聞かれたりします。勿論前者は、炭酸のない普通のお水で、後者は炭酸水のことですね!

スパークリングワインという言葉は、そのまま一般的につかわれているのであんまり説明も必要が無いかと思います。勿論、フランスのシャンパーニュ地方で造られる高級スパークリングワイン『シャンパン』も、この一種。

フォーティファイドワインというのを具体的に言うと、スペインのシェリーやポルトガルのポートワインのことです。「フォーティファイ」というのは「強化する」とかそういう意味なので、前述の通りこのお酒は、ワインに別の強いリキュールを合わせて造られます。

「フレーバー」という単語が日本でも有名なので、フレーバードワインもイメージしやすいかと思います。サングリアはその代表で、ワインに果実やハーブを漬け込んで、氷で冷やして夏に飲むと、程よく甘くて美味しいですよね!

それではここからは、この中でももう少し詳しく知っておきたい、スティルワインについてお話を進めていきたいと思います。

スティルワイン

まずはスティルワインファミリーのワインを色々と見ていきましょう。

赤ワイン

まずは赤ワインです。一般的に白ワインに比べるとボディが強く、ずっしりと飲みごたえのある感じのお酒です。アルコール度数も平均すると白ワインよりも高く、ワイン初心者の方はあんまり飲み慣れないとおっしゃる方も多いです。

かくいう私も、基本的には飲みやすい白ワインが好きですが、赤ワインはフードペアリングがハマった時には爆発的に美味しいという印象も強く残っています。

ところで、赤ワインの特徴的な色はどこから来ると思いますか?

赤ワインは、黒ぶどうを搾った後にぶどうの種や皮ごと一緒に樽に入れて、発酵させて造られます。ぶどうの皮には、見た目通り色素がたくさん含まれる他、タンニンも品種によってはたくさん含まれます。そんな皮をそのまま絞ることで、ワインに色が付くんです!

こういった製法上の特徴によって、赤ワインは様々な濃度の赤色に仕上がります。

白ワイン

そして白ワインです。やはり一般的には、軽くて飲みやすいものも多く、アルコール度数は低いものでひと桁台から存在します。

個人的には赤ワインに比べると白ワインの飲みやすさが好きな私ですが、その理由のうちのひとつはやはり渋みの少なさかなと思います。赤ワインに渋みを与えるのはタンニンの役割ですので、タンニンの少なさが飲みやすさにつながっているのでしょう。

ただし、白ワインの中にも飲みやすいものと飲みにくいものは存在します。勿論、人によって何を飲みやすいと感じるかは異なりますが、白ワインは基本的に甘口・辛口で説明され、私の場合はより甘口の方が飲みやすいと感じます。

ワインを甘口に感じるのは、ワインの中に糖度が残っているためです。ワインのアルコールは糖分が酵母の作用によって変化したものですから、糖分が完全にアルコールになってしまう前に発酵を止めることで甘口のワインになります。

ロゼワイン

ロゼワインは、ピンクのワインですね!「ロゼ」というのはフランス語の「ローズ」から来ていまして、つまりはバラのことなんです!

ロゼワインの色をピンクにする製法には何通りかあります。

「マセレーション法」というのがそのひとつで、これは途中までは赤ワインのように黒ブドウの皮を一緒に醸造してしまいつつ、頃合いを見て皮などを早めに出してピンク色にする方法です。一方で「直接圧搾法」という方法もあります。こちらは、原材料には黒ブドウを使い、作り方は白ワインのように造る方法のことです。

更に、フランスのシャンパーニュ地方では、赤ワインと白ワインのミックスによってロゼワインを名乗ることも許されているのだそうです。

ロゼはピンク色がなんとも可愛らしく、ボトルもおしゃれなものが多いので、パーティなんかでもよく映えますよね!

ワインの種類を地方別に分ける

ワインの分け方にも色々あるわけですが、次は地方で分けてみましょう。ワインを生産地で分けると凄くざっくり言うとふたつに分けることができます。「オールド・ワールド(旧世界)ワイン」か「ニュー・ワールド(新世界)ワイン」です。

オールド・ワールド(旧世界)ワインとは

この場合のオールド・ワールドというのは、昔からワインを作っている土地のことを指します。

この中にはフランスやイタリア、スペイン、ポルトガル、ドイツ、オーストリア、ギリシャ、スイス、ハンガリー、イスラエル、イギリスなどなど、ヨーロッパ諸国で古くからワインを作ってきた国のことを指します。

当然そこには伝統的な手法があり、昔からのつくり手がいて、そういった文化を保護する法律なども厳しく定められていたりします。

ニュー・ワールド(新世界)ワインとは

一方でニュー・ワールドというのは、日本を含む最近ワイン造りを始めた国のことです。「最近」の定義は難しいですが、少なくともオールド・ワールドのような歴史はありません。

日本の他にはアメリカやカナダ、オーストラリアやニュージーランド、アルゼンチンやチリ、ブラジル、メキシコなどの中南米そしてその他たくさんの国が含まれます。

こういった地域でのワインづくりは、まだまだ文化を作っている段階ですので、新しい技術の導入や新製法への挑戦を積極的に行いやすいという特徴があります。

そういった技術革新が功を奏すと、味は旧世界に負けないくらい美味しいのに価格は安いワインなんかも登場します。チリワインやニュージーランドワインなんかを想像するとわかりやすいと思いますが、比較的安価で日常的に飲みやすいワインになるのです。

ただし例外もあり、例えばアメリカのカリフォルニアの一部の醸造所では、旧世界のワインを品質や価格で上回る非常にレアなワインも存在します。

まとめ

ワインの種類、よくわかりましたでしょうか?

スティルワイン、スパークリングワイン、フォーティファイドワイン、そしてフレーバードワインが大まかに分類した場合の4種類でした。そして、オールド・ワールドとニュー・ワールド。

色んな分け方があるのですが、こういった種類はなにより自分の好みを知る際の指針としてとっても役に立ちます。まず赤なのか白なのかスパークリングなのか・・・。そしてどこの国で造られたお酒が好きなのか。あるいはどこの醸造所のワインが口にあうのか。またはどんなぶどうで造られたワインが好きなのか。

ひとつひとつ塗りつぶしていくことで、いずれ「私はフランス産の赤ワインが結構口にあうんだよね〜」なんて言えるかもしれません!

参考:
ワインってどんなお酒?| アサヒワインコム | アサヒビール

参考:
ロゼワイン | ワインすき! きっとワインが好きになる

参考:
ワインのニューワールドとオールドワールド | ポルトガルワインの崖の上