ランブルスコという名前は普通、ワインを好きになってから知るようになるかもしれませんね。

でも、赤のスパークリングワインといえばどうでしょう?しかもイタリア原産の、赤のスパークリングです。どうでしょうか、ランブルスコとは、ひと言で言えばイタリア原産の赤いスパークリングワインのことです。

ランブルスコとは?

改めて、ランブルスコとはイタリアのエミリア・ロマーニャ州を主な産地とした赤の天然微発泡ワインです。エミリア・ロマーニャ州はミラノやベニスから少し南の方にある州で、イタリアを長靴(ロングブーツ)に例えるなら、膝裏にあたる部分のあたりにあります。

州都はボローニャで、ここは生ハムやチーズ、パスタがとっても美味しい街なんです。美食の街の舌の肥えた人々によって造られて愛されてきたワインですから、それはもうレベルが高いに決まっています。

とはいえ高級で手の届かないワインという訳ではありません。低価格でお得に楽しめる種類もある点がランブルスコの魅力です。

なお、アメリカでこのランブルスコが大流行した時期があります。1970年代から80年代にかけての話です。この頃のアメリカでは、甘いランブルスコが沢山流通しました。その結果、日本においてもランブルスコ = 甘口だという認識が定着していますが、実はランブルスコは甘いだけではなく、辛口から甘口まで様々な種類があるんです。

さてそれでは、そんなランブルスコの味の種類を見ていきましょう。

ランブルスコの種類

ランブルスコの甘口は、「ドルチェ(Dolce)」と呼ばれます。これは日本同様、イタリアでも「デザート」を示すときに使われる単語です。反対に辛口のランブルスコは「セッコ(Secco)」と呼ばれます。

そしてその間に、やや甘口の「アマービレ(Amabile)」や、やや辛口の「ピアフォック(pjafoc)」があります。意外と多いですよね、ランブルスコの味のタイプ。

次に使用されるぶどうですが、主に7つあります。

  • ランブルスコ・グラスパロッサ
  • ランブルスコ・マエストリ
  • ランブルスコ・マラーニ
  • ランブルスコ モンテリッコ
  • ランブルスコ・サラミーノ
  • ランブルスコ・ディ・ソルバ―ラ
  • ランブルスコ・ルベルティ

いずれも「ランブルスコ種」と呼ばれるぶどうで、2000年以上前から栽培されてきたものだそうです。古代ローマ時代の詩の中にこの葡萄が登場すると言いますので、相当に長い歴史があります。

ランブルスコのフードペアリング

前述の通り、ランブルスコは美食の街で生まれたワインですし、フードペアリングとしては地元の名産品である生ハムやチーズ(パルミジャーノ)がまず合います。個人的には、生ハムでチーズを巻いて食べるのが好きです!

また赤ワインですから、当然肉料理にも合います。スパークリングである点を考えると少々油っぽい食事であっても、泡が上手に流してくれます。ソーセージもやはりこの地区の特産のひとつですが、最適な組み合わせとなるはずです。

ランブルスコを飲む温度帯

ランブルスコを飲む温度帯は、一概には言えませんが、やっぱりスパークリングなので冷やしてキュっと飲むところから始めるのが良いと思います。

あるいは、赤ワインらしく常温(冷やしすぎない程度)で飲むのが好きだという方もいらっしゃるでしょう。あまり冷やしすぎると、お酒は味や香りが閉じてしまいがちで、豊かなボディや複雑な味わいを楽しみづらくなる傾向もあります。

ですので、どちらと一概に言えるものではなく、自分に合った飲み方を探すことを楽しむという考え方が良いのでしょう。

参考:
ランブルスコワインの特徴とは
ブドウ品種を極める“ランブルスコ Lambrusco”
ランブルスコとマリアージュ – ひぐらし食堂