最近焼酎が好きだとか、焼酎の好みが変わってきたとか、なにか新しい焼酎を試してみたいとか、そういう焼酎ライフの転機が訪れているあなたに読んでいただきたい、【保存版】焼酎ランキングを作りました!

というのも、ひとことで焼酎と言ってもたくさんの焼酎がありますし、種類だけでも芋麦米の三大焼酎に加え、奄美諸島の黒糖焼酎や沖縄の泡盛、そしてその他様々な変わり種焼酎が世の中にあります。

正直どれから飲んだら良いかわからなくなる、そんな時に、注目度の高い焼酎のランキングだったり、おすすめ焼酎のランキングというのは、指針としてとても便利ですよね!

今回私は、雑誌や本に掲載されている有名銘柄を約70個ピックアップし、それぞれの銘柄の検索数を調べてみました。そして、検索回数の多かった上位51の銘柄をこのページにまとめています。よく検索されるということは、注目されていることの証!今世間でアツい焼酎を覗いてみてください!

それから、自分は焼酎をあまり飲まないけれど、誰かに焼酎をプレゼントしたい!とお考えの方にも参考にしていただきたいです!なるべく外さない焼酎の選定にお力添えできれば幸いです!

それではいってみましょう!

1位 森伊蔵

森伊蔵は「幻の焼酎」と呼ばれています。森伊蔵に加えて「魔王」「村尾」を加えた3つの焼酎を、その頭文字をとって「芋焼酎の3M」と呼ぶこともありますが、それはこの3銘柄が数多ある芋焼酎の中でも圧倒的にプレミアムだからです。

有機栽培のさつまいもを原料に使っていること、「かめつぼ仕込み」という手間のかかる手法で作られていることが、このお酒のまろやかな甘味を生み出しています。

森伊蔵を造るのは、鹿児島県垂水市の森伊蔵酒造です。明治18年(1885年)の創業以来、130年以上の歴史を誇る蔵ですが、途中経営危機があり、それを機に少量生産を徹底。人気が出てからも少量生産を維持しているためにプレミア価格がつくようになりました。例えば楽天で調べると、一升瓶が2万円を超えるようなものも沢山出品されています。

そんなめったに手に入らない森伊蔵ですが、定価で買う場合は森伊蔵の抽選会に申し込むことができます。また、日本航空のファーストクラスでは、森伊蔵が提供されるそうです。羨ましい!

『森伊蔵』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:27,100回
読み:もりいぞう
酒造:合資会社森伊蔵酒造

参考:
森伊蔵 – Wikipedia
伝説の焼酎「森伊蔵」はなぜ伝説となったのか。その理由と入手方法を紹介します! | NOMOOO(ノモー) – 日本最大級のお酒専門メディア

2位 魔王

製造工程で熟成が必要な酒類において、熟成中に水分・アルコール分が蒸発し、最終的な製造量が目減りすることを「天使の分け前」と呼びます。

そこから、天使を誘惑し、魔界の王へ最高の酒を調達・献上する悪魔たちによってもたらされた特別なお酒という意味で命名されたのが「魔王」です。

パンチのあるネーミングとはうらはらに、原料のさつまいもを熟成することで、芋焼酎特有の臭みがなく、穏やかな風味とフルーティーな香りが特徴な飲みやすい焼酎になっています。

魔王が製造されている「白玉醸造」は、明治37年に、本土最南端・大隅半島で創業しました。当時から焼酎に「魔王」というネーミングをする斬新さや、「お父さんがんばって」という金粉入り焼酎を製造する等、既存の発想にとらわれない柔軟な思想を持っています。

現在では魔王は、森伊蔵、村尾と合わせて焼酎の3Mと呼ばれ高値で取引されています。

個人で買うには少し値が張るので、まずはお店で見つけた際にでも頼んでみては!

『魔王』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:12,100回
読み:まおう
酒造:白玉醸造合名会社

参考:
白玉醸造 – Wikipedia
天使の取り分 – Wikipedia

3位 富乃宝山(宝山)

宝山シリーズは、2018年現在9種類あります。原料で黄金千貫を使った焼酎が5種類、それ以外の芋を使った焼酎が4種類です。

同じ黄金千貫を使った焼酎でも、使用する麹や製造工程が変わるので異なる楽しみ方ができます。宝山シリーズを飲んだことがない人には富乃宝山をはじめにお勧めしますが、その他にも魅力的な焼酎が多いです。しっかりとした芋の味を感じることのできる薩摩宝山や、麹にも芋を使い芋100%の焼酎が楽しめる宝山芋麹全量など、それぞれ特徴的で名酒ぞろいになっています。

中でも富乃宝山は別格です。焼酎ブームの火付け役になり、2011年モンドセレクション金賞を受賞したこともある焼酎です。

静かなバーカウンターにも似合うような焼酎を目指して製造されたこのお酒。控えめな甘さと、癖が少ないことが特徴のコガネセンガンと、日本酒でも使用されている黄麹を原料に使用したことでフルーティーな爽やかな香りと、キレの良い口当たりを生んでいます。

西酒造株式会社は、1845年に鹿児島県日置市で創業されました。現在では、伝説の琵琶法師の名前が由来の宝山シリーズを中心にして製造されています。より味わいのあるお酒を造る為に、西酒造では自社試験農場で30種類以上の芋を育てていたり、専用の米蔵を建てる等、素材選びから強いこだわりを感じます。旨さに妥協せずに常に挑戦していく姿勢が、今の焼酎の味を引き出しているのでしょうね。

西酒造の宝山シリーズには瓶のどこかに隠れ文字が入っています。富乃宝山の瓶の中にもあるので、購入した方は飲み終わった後のお楽しみにしてみてください!

『富乃宝山』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:4,400回
読み:とみのほうざん
酒造:西酒造

参考:
【芋焼酎】富乃宝山(とみのほうざん)25度 720ml【正規価格です】西酒造/houzan
宝山 houzan|西酒造

4位 村尾

鹿児島県産の芋焼酎「村尾」、「魔王」、「森伊蔵」は焼酎の3Mと呼ばれています。この3つのMがつく焼酎は非常に人気のあるお酒ですが、少量生産で供給が追い付かず市場価格が高騰したことで有名です。

村尾は少し辛みはありますが柔らかな口当たりと、甘さの中にあるスッキリとした芋の味が特徴のこれぞ芋焼酎という逸品です。芋の香ばしい風味を感じることが出来るので、芋焼酎が好きな方には是非一度飲んで欲しい1本です。

村尾酒造合資会社は1902年に鹿児島県薩摩川内市で作られました。2018年現在は、3代目の村尾寿彦氏が蔵元です。村尾酒造では、蔵元が一人で、原材料の調達、製造、配達を行っています。その為、大量に製造することが出来ず、少量生産になってしまいます。

また村尾は、あの西郷隆盛が好んで飲んでいたという話もあります。村尾酒造の近くに武士たちの休憩所のお茶屋敷がありました。無類の酒好きである西郷隆盛は、近くにある村尾酒造に寄る事が多かったそうです。

薩摩を代表するような偉人にも愛されている焼酎を、一度でいいから飲んでみたいですね!

『村尾』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:3,600回
読み:むらお
酒造:村尾酒造合資会社

参考:
西郷隆盛が愛した、幻の銘酒「村尾」。その魅力と入手方法に迫る。 | NOMOOO(ノモー) – 日本最大級のお酒専門メディア

5位 ダバダ火振

焼酎といえば、米や芋を最初に思い浮かべる人も多いと思いますが、ダバダ火振は原料に栗を50%も使用している珍しい焼酎です。瓶のラベルに大きく書いてある【火】の文字が特徴的です。瓶の他に陶器に入った物も販売されています。

栗を原料に使用し低温でじっくりと蒸留したこのお酒は、クセが少ないのでスッと飲むことが出来ます。口の中に含むと穏やかな香りと爽やかな甘みが広がり栗の味わいが感じられます。

ダバダ火振は高知県高岡郡四万十町にある株式会社無手無冠で作られています。ここではダバダ火振だけではなく、梅酒や日本酒など、様々な種類のお酒を取り扱っています。お酒だけではなくダバダ火振スイーツと名付けられた、生地にダバダ火振を使用したお菓子も販売されています。

日本酒も取り扱っている為、米に並々ならぬこだわりを持って酒造りをしているようです。地元農家と共に栗焼酎の搾りかすを使った有機肥料や、植物性の紙を使用する事で雑草防除をする紙マルチ栽培による農薬を使わない米づくりをしています。

『ダバダ火振』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:2,900回
読み:だばだひふり
酒造:無手無冠

参考:
【変わり種焼酎】名前の由来を知ってるか?焼酎好きには定番の栗焼酎「ダバダ火振」 | HAVESPI
お酒・焼酎の販売|無手無冠

5位 中々

「百年の孤独」という、オーク樽で長期間熟成させて造り上げる麦焼酎があります。非常に人気の品なのでご存知かもしれません。『中々』は、その百年の孤独に樽熟成する前の原酒として使用されている焼酎です。

中々は、ニシノホシという九州産の麦を使用していて、軽やかな香りとさらっと喉を通る飲みやすさがあります。強い香りがしないので、飲み方を選ばずとも美味しく飲むことができます。

そんな中々の味を支えているのは、減圧蒸留という蒸留器内の気圧を下げて蒸留する造り方。これは雑味のない原酒を取り出すことが出来る蒸留方法で、中々のクリアで飲みやすい味を生んでいます。

株式会社黒木本店は、1985年宮崎県児湯郡高鍋町に創業しました。黒木本店では、「自然の恩恵を受けて美味しい焼酎は造られる」と考えているので、蒸留時に出る廃液を緩効性有機質肥料として再生して、農地の土づくりや原料農作物の育成に使用するリサイクルの気持ちを持って焼酎を造っているそうです。そういった、自然に対する気持ちが美味しい焼酎が出来る理由のひとつなんですね。

『中々』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:2,900回
読み:なかなか
酒造:黒木本店

参考:
造り方 – 黒木本店 公式ウェブサイト

7位 㐂六(きろく)

㐂六は製造元の黒木本店を逆さ読みにすることで命名されました。喜六とも呼ばれています。これは、喜の草書体が、七を3つ書いたような字になっていることからそう読むようになりました。

芋(黄金黄金)と黒麹が㐂六の原料で、素材の旨味がしっかりと感じられます。控えめな甘さで、すっきりとした飲み口が飲んだ後に心地よい余韻を残してくれます。癖が少ない、飲みやすい芋焼酎です。

蔵元からオススメの飲み方があります。水割りにすると、豊かな風味がより味わい深くなり、お湯割りにすると、風味が柔らかくなりスルッと飲めるようになるそうです。飲み方によって味わいが変化するので、長く楽しめる焼酎です。

1885年に創業した黒木本店では、上質な原料を造る為に「甦る大地の会」という農業生産法人を運営して原料の栽培、新品種の開発に取り組んでいます。原料から、こだわりを持って生産するのが美酒を製造する秘訣なんですね!

『㐂六』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:1,300回
読み:きろく
酒造:黒木本店

参考:
焼酎 – 黒木本店 公式ウェブサイト

8位 鉄馬

鉄馬のラベルを見たとき、ある物が好きな人たちはピンとくるかもしれません。それはバイクのエンジンです!鉄馬はバイク乗りが、バイクから降りてホッとしたときに飲んでもらいたい焼酎として企画されました。ですので、ラベルのデザインもバイク乗りの考案で完成したそうです。

鉄馬という名前も「バイク=鉄馬」ということで命名されたとのこと。とにかくバイク乗りにフォーカスしたキャラの濃い焼酎なのです。

『蛮酒の杯』という芋焼酎をウヰスキーの貯蔵に使用されているシェリー樽に樫樽と3年以上もの間貯蔵熟成させることで鉄馬は製造されます。ウヰスキーのような華やかな香りを感じながら、芋の旨味を楽しむことのできる唯一無二の焼酎になっています。

オガタマ酒造株式会社は、鹿児島県薩摩川内市にあります。ここにはオガタマノキという御神木があり、そこからオガタマという社名が生まれました。オガタマ酒造の社長はバイク愛好家として知られていて、その趣味から鉄馬という名酒が生まれました。

『鉄馬』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:880回
読み:てつうま
酒造:オガタマ酒造

参考:
鉄馬(てつうま)25度720ml 【オガタマ酒造】《芋焼酎》 | 焼酎のひご屋本店

9位 月の中

月の中は宮崎県西都市下三財にある月中地区で造られています。月中地区は小高い台地になっています。月が綺麗に見えるので、中世時代に伊藤家の藩主が月見をしていたことからついた地名です。この地名から月の中という名前がつきました。

月の中で使うサツマイモは。その日に堀り上げた物を、一つ一つ選別し変色している個所を切り分けてから仕込みに使います。丹精込めて仕込んだ月の中はサツマイモのほんのりとした甘さと、ふんわりとした柔らかい味わいでほっとした気持ちになります。

岩倉酒造場は宮崎県西都市下三財にあります。家族4人で製造している小さな蔵で製造工程の全てを手作業で行っています。岩倉酒造店はずっと昔からある酒蔵ですが、戦前までは米焼酎を製造していました。しかし、戦後の食糧難で米が無くなってしまったことから芋を原料に焼酎を製造するようになったそうです。

年間にできる焼酎の量は一升瓶で2万6000本程度しか製造できないそうです。そこで作られている月の中は、その幻想的な命名のように幻の焼酎といっても過言ではないですね。

『月の中』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:720回
読み:つきのなか
酒造:岩倉酒造場

参考:
みやざき観光情報 旬ナビ/岩倉酒造場

9位 青鹿毛

芋焼酎がブームだった時代に「麦焼酎の美味しさを知れ!」とばかりに世に出まわった焼酎こそ、国産大麦のみを使用し麦焼酎一筋の蔵元である柳田酒造が製造した青鹿毛です。

青鹿毛は乳白色に濁っています。その濁りにこそ青鹿毛の旨さが詰まっています。常圧蒸留した麦焼酎を三年間にわたり貯蔵したことによる芳醇な味わいと、それを引き立たせる香ばしい匂いがあります。

宮崎県都城市にある柳田酒造合名会社では、青鹿毛を含む焼酎のいくつかが季節限定で出荷されています。青鹿毛は4月と10月の2回出荷されているので、タイミングを逃さないようご注意ください!

青鹿毛はJAL主催の「日本の国酒 九州本格焼酎応援団プロジェクト」でグランプリを受賞していて、今では国際線のファーストラウンジ、海外の航空会社ラウンジでも提供されています。

飲める機会が増えてこれから人気がまだまだ高くなりそうですね。

『青鹿毛』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:720回
読み:あおかげ
酒造:柳田酒造

参考:
宮崎県 柳田酒造 麦焼酎 赤鹿毛 青鹿毛 駒 ミヤザキハダカ 栃栗毛 芋焼酎 千本桜

10位 有泉

有泉はすっきりとした軽い口当たりで黒糖の甘みをほのかに感じさせるため、焼酎が苦手な人にもおすすめの黒糖焼酎です。地元の与論島では生で飲まれることが多いため、アルコール度数20度前後のものが多く、黒糖焼酎の中ではアルコール度数が低めに設定されているのも特徴の一つです。

原料の沖縄産黒糖は、数種類をブレンドしています。仕込み水には与論島の地下水と珊瑚で浄化された海水を淡水化した軟水を使用しているため、なめらかな口当たりになっています。

有泉を造るのは、鹿児島県の奄美諸島与論島にある有村酒造です。奄美諸島ではお酒は家庭で造るものとされていた中、与論島唯一の酒造として昭和22年に創業しました。

有泉は、現社長の販路整備により島外への流通量が増えており、少し前と比べると身近なお酒になりました。また、焼酎粕を肥料として再利用する取組みを行っているそうで、自然への配慮も窺えます。与論島の「与論献奉」というおもてなし儀礼にも欠かせないお酒となっており、有泉は地元に根付いた焼酎だと言えるでしょう。

黒糖をおつまみに、1杯目は生で本来の味を、2杯目はお湯割りで豊かな香りを、3杯目はジンジャエール割りで粋な味を。有泉を手に入れたらこれで決まりです。

『有泉』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:590回
読み:ゆうせん
酒造:有村酒造

参考:
鹿児島県酒造組合奄美支部:蔵元紹介:与論島

10位 萬膳

萬膳は手間をかけて造り込まれた繊細な味わいに、香ばしいナッツを思わせる香りが特徴の芋焼酎です。そのまろやかな味わいは、霧島のシラス台地に育まれた超軟水と、一次仕込み・二次仕込み共にかめ壷仕込みという手間を惜しまない製法により生み出されました。

最大の特徴は香ばしい香りにあります。木樽を用いてじっくりと蒸留される過程で焼酎に木樽の香りが染み込みます。このようにしっかりと手間をかけて生産されるため、流通量が少なく滅多にお目にかかれないと言われています。

萬膳は鹿児島県霧島市の山奥にある小さな酒蔵、万膳酒造で造られています。万膳酒造は大正11年の創業の歴史ある蔵で、1度は休業したものの、4代目により1999年に再開しました。

製法だけでなく、原料にも強いこだわりを持っているそうで、その想いはボトルからも読み取れます。ボトルの原料欄には生産地に合わせて生産者名もしっかりと刻まれており、生産者への敬意も表れています。

萬膳に巡り合えたら霧島連峰の大自然に想いを馳せ、じっくりと味わいたいものです。

『萬膳』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:590回
読み:まんぜん
酒造:万膳酒造

参考:
本格焼酎:萬膳(まんぜん)・萬膳庵(まんぜん)/万膳酒造(まんぜんしゅぞう) | 地酒サンマート

13位 情け嶋

情け嶋の数あるラインナップのひとつ、『芋 情け嶋』は、まず始めに麦の甘みを味わい、後から芋の風味を味わうことができるという新しい楽しみ方ができる焼酎です。口の中で麦と芋の甘みが交わり合い、お互いが邪魔をせず引き立て合う・・・そんな素晴らしい味わいになっています。

芋焼酎は米麹を使うことが一般的ですが、この芋 情け嶋は麦麹を使用しているのが最大の特徴です。原料のさつま芋は8割が千葉県産です。島産にこだわると価格がどうしても上がってしまいます。「みんなに飲んでもらいたい」という想いから価格をリーズナブルに設定するため、千葉県産を使用しているそうです。

芋 情け嶋を製造するのは伊豆諸島八丈島の八丈開発です。八丈開発は八丈島の中で最も新しい酒造で、麦焼酎の情け嶋は島民だけでなく、本土にも根強いファンがいます。麦焼酎を製造している酒造だからこそ、斬新な発想から芋 情け嶋を造ることができたのでしょう。

麦と芋のいいとこ取りの情け嶋 芋。一度飲んでみてください。

『情け嶋』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:390回
読み:なさけしま
酒造:八丈興発

参考:
芋 情け嶋 – うまい焼酎を探して

13位 日南娘

芋焼酎好きの宮崎県民にも愛される、日南地方を代表するお酒が日南娘です。日南娘は芋のしっかりとした風味とスッキリした後味が特徴の芋焼酎です。

この特徴を余すことなく楽しむためにはロックやストレートで飲むのがおすすめです。

芋焼酎好きにはお馴染みの黄金千貫という芋と手造りの白麹を使用し、常圧蒸留によって造られるため、しっかりとした豊かな味わいになります。こだわりの麹造りは全ての工程を人手で行っており、先代から代々引き継がれた技法と道具を用いることにより昔ながらの味を守っています。

日南娘を造る宮崎県日南地方の宮田本店は1804年の創業です。元々は味噌と醤油を製造していたそうですが、1919年から焼酎造りを開始し、現在は芋焼酎と醤油を製造しています。ボトルへのラベル付けから包装まで人手で行なっており、小規模な蔵元ならではの暖かみを感じます。

芋焼酎といえば、やっぱりしっかりとした芋の風味を味わいたいですよね!そんな期待に応えてくれるのが日南娘です。

『日南娘』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:390回
読み:ひなむすめ
酒造:宮田本店

参考:
株式会社 宮田本店 – だれやみ 宮崎県焼酎サイト

15位 豊永蔵

豊永蔵は自然と調和した球磨焼酎です。

減圧蒸留で造られる豊永蔵はすっきりとしたさわやかな味わいで、和食によく合います。食中酒としてはもちろん、食後に上質な味を楽しむのも良しです。ロックだとクセもなくとても飲みやすいですが、飲み過ぎにはご注意を。

豊永蔵の最大の特徴は有機栽培で作られる米にあり、米本来の自然な甘みを感じさせます。麹は大正より代々使用してきた石蔵で造っています。

豊永蔵を製造する豊永酒造は、熊本県の球磨郡に位置しており、球磨に寄り添い、安心安全な焼酎造りを行なっています。

原料にこだわっており、16ヶ所の農家と一緒に有機栽培の球磨の米を作っていて、オーガニック認証も受けているとか。ここまで原料にこだわっている蔵はなかなか見かけません。良い焼酎を造るには良い原料を、という社長の考えからきているそうです。

球磨の水、球磨の米、球磨の大自然があるからこそ生まれた豊永蔵。地元に愛されるのも納得です。

『豊永蔵』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:320回
読み:とよながくら
酒造:豊永酒造

参考:
豊永酒造 : 蔵元屋, 幻の焼酎・古酒・球磨焼酎・芋焼酎・黒糖焼酎・泡盛の通販なら蔵元屋

15位 野海棠(のかいどう)

一点の尖りもないプレミアム芋焼酎、野海棠。深みのある優しい味わいで芋焼酎好きはもちろん、普段は芋焼酎を飲まない人をも魅了します。一口目で全く角がないまろやかさに感動を覚えるのではないでしょうか。時折ふっとほのかな木の香りを感じるのも特徴です。

また、流通量が極端に少なく、なかなか巡り会えない代物です。

この野海棠は鹿児島県の祁答院蒸溜所で限定生産されています。祁答院蒸溜所は明治35年の創業で歴史ある蔵ですが、伝統を守るだけでなく新たな製法にもチャレンジしていることで有名です。野海棠も日本唯一の木槽仕込み、木樽蒸留という製法によって製造されています。

もろみの発酵に木槽を使用することにより、外気温が伝わりにくく、ゆっくりと時間をかけて発酵させることができます。穏やかな発酵により、尖りのないまろやかな味わいに仕上がります。また、特徴の一つである木の香は木樽蒸留により造られているのです。

オリジナルの製法により製造される野海棠。いつかお目にかかれますように。

『野海棠』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:320回
読み:のかいどう
酒造:祁答院蒸溜所

参考:
木槽焼酎蔵-祁答院蒸溜所-野海棠(のかいどう)

15位 長寿院

長寿院はどっしりとした重厚感のある芋の旨みを感じられる芋焼酎です。鼻の奥から抜ける芋の香りに、誰もが余韻にしばらく浸っていたいと思うでしょう。やっぱり旨い酒にはロックが似合います。秋の夜長にロックグラスを傾けて・・・そんな妄想が膨らみます。

芋焼酎と思えないほどお洒落なボトルからも独特の存在感が出ています。2010年のAPEC晩餐会で振舞われ、一躍有名になりました。

原料のサツマイモは薩摩半島の砂丘にほど近い場所で育った自社栽培の芋を使用しています。この地で育った芋でなければ出せない味なのでしょう。

長寿院を製造するのは鹿児島の長寿庵です。長寿院以外の他のお酒も国際会議へ公式使用されるなど、蔵の実力を感じます。長寿庵は小売を一切行わない主義だそう。そのため一般に出回らず、巷では「幻の酒」と言われています。

残念ながら長寿院は2016年に終売してしまったそうです。本当に幻になってしまいましたが、これからも語り継がれること間違い無し!

『長寿院』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:320回
読み:ちょうじゅいん
酒造:長寿庵

参考:
本格焼酎 長寿庵

18位 春雨カリー

春雨カリーは名前のインパクトにも負けないような濃厚でバニラを思わせる甘みを持つ泡盛です。柔らかな口当たりで飲みやすく、30度もあるとは思えません。泡盛好きも満足する銘酒春雨カリーは黒麹を使っており、音を立てて発酵します。

沖縄サミットの晩餐会に向けて行われた選考会において、主席となり全国的にも有名になりました。

春雨カリーを製造する宮里酒造所は創業1946年です。一時は小売を休止していましたが、春雨ファンの熱望に応えて復活しました。美味しい酒を造るためにオリジナルの機材を導入するなど、探究心がある酒造です。

また、春雨カリーはなかなかインパクトのある名称ですが、戦後の悲しみを乗り越えるために名付けられたそうで、希望の春と恵みの雨を合わせて春雨、カリーはおめでたいことを意味します。

沖縄を訪れた時に飲むのは格別で、沖縄の湿った空気に立ち込める香りが最高です。

『春雨カリー』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:260回
読み:はるさめかりー
酒造:宮里酒造所

参考:
春雨・宮里酒造所 | 地酒サンマート

19位 武者返し

武者返しは酒好きのためのコクが詰まった、個性際立つ球磨焼酎です。

ところで球磨焼酎とは熊本産の米を使用した米焼酎のブランドで、一定の基準をクリアした焼酎だけが名乗ることができます。武者返しは熊本産の米であるヒノヒカリを原料にしています。

ビターでまろやかな味わいとお米の香ばしい香りが特徴です。これは常圧蒸留という製造方法により生み出されているのです。

最近は減圧蒸留ですっきりした飲み心地を目指す酒造が増えていますが、時代に流されず常圧蒸留を貫いているのが武者返しを製造する寿福酒造場です。

実は最近の減圧蒸留ブームにより一時は蔵の存続が危ぶまれましたが、寿福酒造場で造る球磨焼酎を好んでくれる個人客に支えられて復活しました。

寿福酒造場のこだわりは、蔵や道具を綺麗に保つこと。繊細な雑味のない味わいは道具をぴかぴかに磨き、清潔さを保っているからこそ出せるそうです。
常圧蒸留の球磨焼酎、武者返し。お湯割りで1杯、コクを味わいましょう。

『武者返し』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:210回
読み:むしゃがえし
酒造:寿福酒造場

参考:

19位 蔓無源氏(つるなしげんぢ)

蔓無源氏はふくよかな甘みと口の中に余韻が残る芋焼酎です。普通の麹よりも時間をかけて造られる老麹を使用しており、香りも普通の芋焼酎とは一線を画しています。焼き芋のような香りをしっかりと感じます。

蔓無源氏とは、使用しているサツマイモの種類のこと。明治40年に発見されたサツマイモです。戦争を機に、一時は収穫量が激減しましたが、絶滅の危機を乗り越えて、蔓無源氏は芋焼酎として復活しました。

蔓無源氏を復活へと導いたのが鹿児島県の国分酒造協業組合です。

平成15年に農家と協力して芋作りから始めました。数年後から芋焼酎としての仕込みを開始し、始めは黄金千貫とのブレンドでしたが、少しずつ蔓無源氏の割合を上げていきました。現在は蔓無源氏100%となっております。また、米麹には鹿児島産の夢十色を使用しており、鹿児島の旨味が詰まった焼酎に仕上がりました。

しっかりと熟成された蔓無源氏、とろみのあるまろやかな味わいは芋焼酎好きには堪らない!

『蔓無源氏』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:210回
読み:つるなしげんじ
酒造:国分酒造協業組合

参考:
国分酒造株式会社 - トップページ –

19位 青一髪

一途な焼酎への想いを形にした1本とも言える名焼酎がこの青一髪です。

華やかな香りとまろやかさで飲む人を魅了させる焼酎です。名が高い焼酎が多い九州で、密かに人気のある限られた焼酎として、知る人ぞ知る青一髪です。

長崎県の久保酒造場で作られている青一髪は微減圧蒸留製法で丁寧に作られています。3年間以上は熟成させて販売しているので数が本当に限られています。久保酒造はこの青一髪しか作っていないので、それだけ丹念に1本ずつ仕上げている魂を込めた焼酎だと言われています。

「青一髪」という名前は、江戸時代の漢詩人、瀬山陽の作品の泊天草洋の一説から名づけられています。ラベリングも青一色使ったデザインはシンプルながらもインパクトのある焼酎です。

珍しいネーミングと数が限定されていることで贈答用や限定されたお店で飲まれている方が多いです。一度飲んだら忘れられない味として何回でもリピートしたい焼酎に入ります。

『青一髪』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:210回
読み:せいいっぱつ
酒造:久保酒造場

参考:
長崎県 久保酒造場 麦焼酎 青一髪(せいいっぱつ)25度 1800ml 商品詳細

22位 天の刻印

美味しい焼酎が数ある宮崎からオススメの麦焼酎がこの天の刻印です。スッキリとしたキレの良さと麦の風味には、何回飲んでも飽きない味わいがあります。

変わったラベルですが、これは「人が天に向かって手を向けているのは旨い焼酎との出会いを感謝している」という意味があるそうで、麦焼酎の中でも「まろやかさではこの天の刻印の右に出る焼酎はいない」と言えます。また飲んだときに口に含んで鼻に抜ける感じが好きです。自分の親にも毎年贈っている麦焼酎です。

この天の刻印を造っている佐藤焼酎製造所の創業は1905年で、100年の歴史を持つ焼酎製造所です。新しく建てた焼酎蔵には最新設備とデザインアートを組み込んだ芸術的な焼酎蔵になっています。新しく挑戦していく中でも100年の伝統を守っていく姿勢は美味しい焼酎を造り続けていくためには必要なことでもあります。

この美味しさで値段がリーズナブルなのは驚きです。こだわりの麦焼酎としたら1,2番に入る人気焼酎で贈答用にも喜ばれる逸品です。

『天の刻印』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:170回
読み:てんのこくいん
酒造:佐藤焼酎製造場

参考:
|| 佐藤焼酎製造場株式会社 || – 本格麦焼酎 天の刻印 –

22位 復刻鶴見

限定生産の焼酎と聞いただけでも欲しくなる焼酎がこの復刻鶴見です。原料に黒麹を使い、国産のひのひかりを使用した贅沢な焼酎です。

鹿児島は芋焼酎の激戦区で、美味しい焼酎は沢山ありますが、この復刻鶴見は枠を超えた特別な1本として存在しています。

ロック、水割りでも美味しく頂けますが、ぬるめのお湯割りで飲むと絶品です。

復刻鶴見を語るときはこのラベルを見て欲しいです。このラベルが全てを物語っているのです。製造元の大石酒造では、ラベルデザインに戦前の物を利用しています。戦時中にほとんどの酒造メーカーは被災してしまった為、戦前のラベルデザインが残っているのは異例です。

両サイドの鶴のマーク、足元には芋と水の流れのイラストと、中央下には阿久根大島と桑島の間に落ちる夕日が表現されているので鶴見を生んだ阿久根の風土と土地と景色が思い浮かんできます。

入手困難な芋焼酎だけに一生に何回飲めるかの逸品とも言えます。見た目も味も良い焼酎なので、好き嫌いのある焼酎好きに贈ってもきっと高評価の焼酎です。

『復刻鶴見』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:170回
読み:ふっこくつるみ
酒造:大石酒造

参考:
||| 復刻鶴見 ~商品解説 ||| 大石酒造株式会社(鹿児島県 阿久根市)

22位 長雲一番橋

薩摩焼酎の中ではハイカラなイメージでエレガントな味わいを楽しめる焼酎がこの長雲一番橋です。南国で育んだ黒糖をベースに長雲山脈の新鮮な水を仕込み水で使い、昔ながらの伝統仕込みで手造りに徹しています。頑固な一面はあるものの、偏った味わいは感じない、黒糖焼酎シリーズの代表的な1本です。

一度口に含めば黒糖の香りが広がり、芳醇でまろやかな味わいが楽しめます。その後でシャープな切れ味やコク、力強さなど良い意味で複雑な余韻も楽しめます。

一番橋シリーズは、ロックで飲むのが主流になります。

このお酒を造る山田酒造の転機は、3代目が黒糖に対する理想を追求したところにあります。黒糖をそのままかじった時の味を追いかけて初代からの伝統を守りつつ、新しいこだわりへの一歩を形にした結果、この長雲一番橋が生まれました。

地元、鹿児島でもお目にかからない焼酎で大事に保管していて封を開けていない方や黒糖の味に狂わされて1日で全部空けてしまう人が続出しているとのことです。

『長雲 一番橋』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:170回
読み:ながくもいちばんばし
酒造:山田酒造

参考:
黒糖焼酎:長雲 一番橋 黒糖焼酎/山田酒造 | 地酒サンマート

25位 一尚

小牧醸造の100周年の記念で作られた焼酎で全国の特約店や結びつきの強い酒屋にしか出荷されない超レアもの焼酎がこの一尚です。鹿児島を代表する芋焼酎として次なる世代に伝え飲んでほしいといった強いメッセージが込められた逸品です。

生産量が少ない為に飲む機会があまり無いのですが、味わいは真ん中ぐらいで香りは若干強めになります。おススメの飲み方としてはお湯割りと水割りで十分に楽しめる焼酎です。

明治42年の創業になる小牧醸造は100年以上の歴史の中で3回の水害にも負けず伝統の醸造メーカーとして存在をアピールしています。薩摩半島の北部で一級河川の川内川に伏流水にも恵まれています。
今では鹿児島の焼焼酎と呼ばれる次世代の焼酎を担うポジションにもあります。

一尚の口コミから見ても高い評価の意見が多数あります。特にこの一尚のネーミングが醸造元の小牧兄弟の兄と弟の名前から1文字ずつ取ったところに焼酎への思い入れが感じられます。

『一尚』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:140回
読み:いっしょう
酒造:小牧醸造

参考:
一尚 シルバー 黒|芋焼酎|さくらもと商店 WEBショップ(札幌市酒屋)

25位 特蒸泰明

美味しい焼酎がある九州地方ですが、その中でも大分にある特蒸泰明は特別な麦焼酎の一つです。製法が常圧製法100%とこだわり、麦焼酎本来の香ばしさはもちろん、スモーキーさも味わえる焼酎です。

この麦焼酎は料理と合わせると更に料理も焼酎も美味しくなりますので食中酒で使ってもらいたいです。また、後口は甘口の余韻が残りますが、口の中をキリッとさせてもくれます。

大分県にある藤井醸造は昭和4年創業の伝統ある醸造メーカーで大分では唯一、ラベル貼りまでの工程を手作業で行う「手作り蔵」としても有名です。

また焼酎の質には徹底的にこだわる社長さんで、自家製蒸留機の使用や麦の状態を蔵人が常に感じとって作っています。

特蒸泰明は30代から40代の女性に人気の麦焼酎のイメージがあります。1回購入して飲んだら必ずリピートしたい麦焼酎です。飲みやすさの中にパンチの効いた深い味わいと作り手の想い、手作りならではの美味しさが沢山入っている麦焼酎です。

『特蒸泰明』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:140回
読み:とくじょうたいめい
酒造:藤井醸造

参考:
泰明 特蒸泰明 たいめい とくじょうたいめい 麦焼酎 藤居醸造

27位 克

人生を賭けて仕上げた男の焼酎と言えばこの克の凄さを知ってもらいたいです。

作り手の前村貞夫氏が白麹と黒麹を使い、更に名水百選の大重谷原水を利用して造ります。丁寧な手入れと絶妙なブレンド技は「焼酎の魔術師」とも呼ばれており、その魂がこの克に吹き込まれています。なお、前村貞夫氏は『魔王』を造った方として有名です。

芋焼酎は、その独特のクセから敬遠される方も多いですが、克の美味しさは一口飲んだ後の口当たりの良さ。更に口に含んだ後のなめらかな味わいが、なんとも言えないです。

このお酒を造る鹿児島県にある東酒造は100年の歴史を持つ伝統ある蔵元です。受け継がれる杜氏の技を大切にし、また新しいことへの挑戦に情熱を持っています。

独自の製法で唯一無二の製品を作る一方、その中から創造性を開花させて次世代につなげる焼酎作りをしています。

名焼酎でもある魔王の杜氏が仕込んだ焼酎として克を最初に購入される方が多いようです。「ストレートで飲みたい」という意見が多いです。それほどこの克には「焼酎の旨みを全身で受け止めたい」という焼酎ファンがいるのです。

『克』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:110回
読み:かつ
酒造:東酒造

参考:
克|芋焼酎│純米│麦│前村貞夫杜氏|東酒造

27位 大自然林

世界遺産の屋久島には素敵な焼酎が存在します。その名も『大自然林』。

屋久島の自然に囲まれ豊かな水の恵みで作られた麦焼酎です。手作りのかめ壺で仕込み、明治20年からの歴史と蔵に棲みついた蔵つき酵母が豊かな香りとコクを演出しています。

オススメの飲み方としてはロック、水割り、お湯割りで飲むと大自然の息吹を感じることができます。こちらの焼酎も中々手に入らないのでもしも購入できたら、大切に飲まれることをオススメします。

このお酒を造る本坊酒造の屋久島伝承蔵では、伝統的な手作り仕込みにこだわり、麹も手作りで仕上げています。焼酎作りを人の手で行うことで、屋久島の自然を味に落とし込むことに挑戦しているように思います。

年間約10万人以上の観光客が訪れる屋久島。洋上のアルプスと呼ばれるその土地で美味しい焼酎が作られています。

このお酒、特に50歳以上の男性に人気があるそうです。口コミのレビューを見てみると、1回飲むと何回でも購入してしまうほどのリピート率の高さや、屋久島といった恵まれた土地で作られる焼酎に高い評価が幾つも挙げられています。

『大自然林』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:110回
読み:だいしぜんりん
酒造:本坊酒造 屋久島伝承蔵

参考:
麦焼酎/屋久島 大自然林 麦| 本坊酒造株式会社

27位 宜有千萬

宜有千萬とは、まず呼び方は「よろしくせんまんあるべし」と読みます。中国の古い言語で限りなく多くの福が得られるようにと願うという意味合いから、ネーミングのインパクトも高い焼酎です。

米どころ新潟の米焼酎だけに類を見ないほどの芳醇な香りの米焼酎です。また吟醸香もしっかりとつき、後口の爽やかさは他の米焼酎では味わえない旨さです。

酒どころ新潟を代表するのが、この宜有千萬を造る八海醸造です。日本酒の八海山を造る蔵元だといえば、馴染みがあるかもしれません。名前だけで美味しい酒が想起できる、ネームバリューのある醸造メーカーで場所は魚沼市の豪雪地帯にあります。

最高の品質を目指す蔵の志によって、特別な焼酎が出来上がります。期待を裏切らない味わいは、仕上がりを待つファンが多いです。

飲んでみると水の透明感を感じさせる焼酎で、焼酎嫌いの人でも抵抗なく沢山飲めてしまいます。上品で口あたりは抜群に良いので食中酒にオススメです。お造里と合わせても料理を邪魔せず、スッキリと飲める焼酎です。

『宜有千萬』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:110回
読み:よろしくせんまんあるべし
酒造:八海醸造

参考:
八海醸造グループ(八海醸造株式会社/株式会社八海山)の新卒採用・企業情報|リクナビ2018

27位 炎魔天

焼き芋焼酎といったこだわりの製法で作られている炎魔天ですが、何といってもラベルデザインが斬新というか、骸骨の絵が描かれ、まさに骨身にしみる焼酎として人気が高いです。
鹿児島県の種子島で取れる紫芋を焼きあげて、じっくり丹念に仕込みされる炎魔天はロックで飲むとスッキリと味わえます。またお湯割りしてもまろやかさが絶妙で正に骨だけに、にくめない焼酎です。普段、芋焼酎を飲まれている方にはぜひオススメしたい1本です。

炎魔天を造っている田崎酒造は創業から百有余年を数え、良質なさつまいもが取れる恵まれた土地と水によって美味しい焼酎を作ることができます。またこちらの蔵元は「熟成焼酎」というジャンルを確立させるために日々、魅力的な製品づくりに挑んでいます。

口コミの大多数がインパクトのあるラベルに集まっています。確かに一度は買ってみようかと思うデザインです。また、「芋焼酎好きが飲むと焼き芋焼酎に一時はまってしまう」と言われるくらいの芳ばしさは人気があります。

『炎魔天』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:110回
読み:えんまてん
酒造:田崎酒造

参考:
一尚 シルバー 黒|芋焼酎|さくらもと商店 WEBショップ(札幌市酒屋)

27位 猫また焼酎

江戸時代に作られた猫又の伝説は、人家で飼われていた猫が、年老いてから猫又に化け、人間をたぶらかす魔力を身につけて、山に移り住んだものと考えられています。

猫また焼酎は、猫又の魔力にたぶらかされたかのように、一杯、また一杯とお酒がすすむ、ついつい次の一杯に手がのびるようなおいしさの焼酎です。

米を原料にした米焼酎で、5年間の熟成を経て「古酒」として作られ、本場である九州の焼酎にはない独特の風味が多くのファンの心をとらえ続けています。

猫また焼酎は、鳥取県境港市の千代むすび酒造で造られており、その名前の由来は、境港市出身の漫画家、水木しげる氏の妖怪の漫画をもとにしてつけられたものかもしれません。

地元の鳥取県産酒造好適米である「山田錦」「強力」「五百万石」「玉栄」を主に使い、日本酒の醸造を主に行なっている蔵ですが、この猫また焼酎も「日本酒と同じように醸造した焼酎」だそうで、米の風味が存分に活かされた銘酒のひとつだといえるでしょう。

そのため、さわやかな日本酒の香りとまろやかな味わいが特徴となっています。

『猫また焼酎』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:110回
読み:ねこまたしょうちゅう
酒造:千代むすび酒造

参考:
千代むすび酒造株式会社
猫又 – Wikipedia

27位 龍宮

南国・鹿児島の奄美大島で造られる黒糖焼酎「龍宮」は、波照間・多良間島などで生産される黒糖を原料にした焼酎です。これらの島は降雨量が少ないため、そこで生産される黒糖からは甘味だけではなく、潮風にさらされることによる塩のほろ苦さが微妙に感じられるそうです。

龍宮は、その独特の黒糖を原料にすることで、甘さの中にほんの少しきりっとした潮風を感じるような味わいが生まれるといいます。

龍宮が造られるのは、奄美大島で最も小さな酒蔵である富田酒造場です。兄弟3人が大甕で丁寧に醸造する、今ではもう珍しくなったこだわりの伝統製法で造られます。

一次・二次ともすべて甕仕込みで行なわれ、丁寧な手作業で造られるため、生産量はきわめて少ない焼酎です。その味わいは手作業で時間をかけて造られることで、やわらかさと温かさが伝わってきます。

さらに、国産米黒麹仕込みにより味わいに奥行きが生まれ、甕仕込みにより味の深みにキレが加わり、黒糖の穏やかでほのかな甘みと香りがきわだちます。喉ごしの軽やかさが申し分ないですね。

『龍宮』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:110回
読み:りゅうぐう
酒造:富田酒造場

参考:
有限会社富田酒造場

33位 男猿

「言わざる、聞かざる、だまって飲むべし!」。

芋焼酎「男猿」のラベルにはそう書かれています。

蒸留後の濾過を最小限に抑え、無濾過に近い「にごり」の芋焼酎ですので、何も考えずにじっくりと味わい、その独特の世界を楽しむことをおすすめします。

「男猿」蔵元の原口酒造は、鹿児島の日本三大砂丘のひとつである吹上浜に近い場所にあります。その浜と蔵の間には松林と芋畑が広がっています。自然の息吹が感じられる土壌で作られた新鮮なさつまいもと、良質な地下水をさらに浄化して精製した水で、焼酎造りが行なわれています。

蔵の創業は明治23年(1890年)、100数十年にわたる伝統の製法で造られた焼酎からは、大いなる自然の力強さと、真心、そしてやさしさが感じられます。

「男猿」は、原料にさつまいも「コガネセンガン」を使っています。ほんわりと鼻に抜ける豊かで甘い香りと、まろやかでソフトな口あたりを得ながら、野性味のあるコクのある味わいを楽しめるのはにごり芋焼酎独特のものでしょう。

「だまって飲むべし」、言葉は不要、五感で感じましょう。

『男猿』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:90回
読み:おとこざる
酒造:原口酒造

参考:
原口酒造の銘柄一覧/【紀乃島屋】鹿児島芋焼酎の通販・販売

34位 千代泉

泡盛は、原料のタイ米を、黒麹を使って米麹にして、水と酵母を加えてもろみに変え、アルコール発酵させる簡素な醸造法で造られます。

一般的な焼酎は仕込みの工程を2回に分けて行なうのですが、泡盛は1度だけですませる「全麹仕込み」の製法で行なわれています。

沖縄には昔ながらの泡盛の蔵元が多数あります。その中で、宮古島の北端にある静かな集落の中に、千代泉酒造所があります。

泡盛「千代泉」の蔵元で、戦後間もない頃に共同事業として泡盛製造が始まり、1948年に渡口徹夫氏が当主として本格的に事業化されました。

初代当主が逝去後、しばらく廃業状態となっていたようですが、現在はご子息の渡口清司氏が2代目当主として、その伝統の味を受け継いで守り続けています。

「千代泉」に使われている硬水は、宮古島の隆起サンゴ礁からなる琉球石灰岩の地層からしみ出したもので、ソフトでまろやかな甘さとコク、すっきりしたキレのある味わいを醸し出しています。

その味わいは「懐かしい味わいの酒」「狩俣(地元の地名)の酒」として親しまれ、島内で愛飲されています。

蔵元から直接購入はできず、地元の酒屋で購入するか、通販で入手することになります。

『千代泉』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:70回
読み:ちよいずみ
酒造:千代泉酒造所

参考:
泡盛百科 – 千代泉酒造所

34位 達磨

「達磨」は広島県産のさつまいも「紅あずま」と、広島・三段峡の軟水を使用した、100%広島産の本格芋焼酎と、広島県産の六条大麦を原料に使った、本格麦焼酎のブランドです。
紅あずまは焼き芋にしても、その甘さが際立つ絶品の品種です。

達磨の芋焼酎はその芋を原料にして、甘く香ばしい香りを保ちながらもコクがある、深い味わいと軽やかな口あたりの程よい調和がなんとも心地よい飲み口となっています。

同じく麦焼酎は麦麹仕込みで、減圧蒸留によって華やかな香りと、フルーティな味わいが際立つ仕上がりとなっています。

達磨を醸造する中国醸造は、1918年(大正7年)の創業です。「広島ならではの本格焼酎、初心者でも飲みやすい焼酎を」の思いのもとに、創業以来培ってきた製造技術を駆使して、達磨は生まれました。

地元である広島を支え、また、広島に支えられることを方針として、広島産の原料を使うことにこだわり続け、2015年には「本格芋焼酎達磨 紅あずま25度」が、広島市が運営する「ザ・広島ブランド」に認定されました。

『達磨』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:70回
読み:だるまえっくす
酒造:中国醸造

参考:
達磨(焼酎) | 中国醸造

36位 久保

260日という果てしなく長い時間をかけて、「長州蒸留蔵 久保」ができあがります。

地元である大分で収穫された裸麦「一番星」を原料として、地元の地下水を仕込み水に使い、いくつもの工程を経た後、6か月以上の貯蔵熟成を行ないます。その長い「寝かし」によって、味わいに丸みが増し、上品な甘さが生まれ、裸麦の香ばしさも兼ねそなえられた仕上がりとなります。

選び抜いた地産の麦、水、そして熟練の職人、すべてが調和して造り上げられたこの「久保」は、裸麦の持つ香ばしさと、淡麗でソフトな甘みがじんわりと広がる蔵元の自信作です。

また、この通称「久保・黒」の他、裸麦「万年星」を原料に使った「久保・ピンク」もおすすめです。

黒は常温水割りで、ピンクはロックでゆるりと飲むのがおすすめのようです。

この麦焼酎を造るのは、大分県で200年以上の歴史を持つ酒蔵、久保酒造です。麹造りは今も機械を使わず、職人の手のみで管理を行ない、手間をかけておいしい焼酎造りに励んでいます。

『久保』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:50回
読み:くぼ
酒造:久保酒造

参考:
大分麦焼酎蔵元|久保酒蔵株式会社-長洲蒸留蔵「久保」

36位 須木

宮崎県のこだわりの芋焼酎「須木」には3種類の銘柄があります。

「須木 黒麹」は、原料に地元宮崎産のサツマイモ「黄金千貫」、麹米には国産米を使用し、100年以上使われている甕壷で仕込みを行なっています。口あたりがやわらかく、飽きずに飲み続けられる味わいに仕上がっています。

「須木 紅紫芋」は、原料に紫芋を、麹米には国産米を使い、仕込みを行ないます。紫芋の持つ独特のフルーティな香りと、軽快感のある甘味が口の中に広がる仕上がりになっています。

アルコール度数37度の「原酒 須木」は、伝統の製法と伝承された技術を駆使して、原料には紫芋を、麹米には国産米を使い、フルーティな香ばしさとソフトな甘みとを引き出した原酒です。

「須木」の蔵元であるすき酒造は宮崎県の山間部、九州山脈の中にあります。地下120メートルから汲み上げる地下水を使い、すべての焼酎を昔ながらの手作業で行ないます。

使う甕は130年から160年の年季もので、丹精込めて造られた焼酎をじっくりと熟成させます。

『須木』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:50回
読み:すき
酒造:すき酒造

参考:
こだわり焼酎|芋なら宮崎 すき酒造 株式会社
すき酒造株式会社 – だれやみ 宮崎県焼酎サイト

38位 喜左衛門

鹿児島県南さつま市にある黒瀬集落では、焼酎造りの匠と称される「黒瀬杜氏」とよばれる杜氏集団が活動しています。その杜氏頭が、昔ながらの木樽蒸留で丹念に醸造、ゆっくりと時間をかけて熟成させて仕上げる焼酎が「喜左衛門」です。

原料には鹿児島県産のサツマイモ「黄金千貫」、仕込み水は重富郷の名水「龍ケ水」を使います。

酒質はやわらかく、味わいはきめ細やかで深みがあり、心地よい香りは、お湯割りにするとよりいっそう引き立てられます。

喜左衛門の蔵元、白金酒造は創業明治2年、鹿児島県内では最古の焼酎蔵です。創業以来、今もずっと変わらないこだわりの醸造を続けています。杜氏は五感を研ぎ澄ませて、丹精をこめて手造りで焼酎を造ります。

2006年春季全国酒造コンクール金賞受賞、2006年鹿児島県本格焼酎鑑評会総裁賞受賞の名門酒蔵です。伝統が高く評価された後も、変わらぬ仕込み、変わらぬ思いで造る、それが白金酒造の焼酎です。

『喜左衛門』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:40回
読み:きざえもん
酒造:白金酒造

参考:
創業明治弐年白金酒造株式会社

38位 撫磨杜

「撫磨杜」と書いて、そのまま「なまず」と読みます。

魚のなまずをイメージして名付けられたとされていますが、使われている漢字は「杜氏が撫で磨いた」という意味を込めてつけられています。

黒麹と白麹、2種類の原酒をブレンドし、3年の貯蔵によって紅さつまいもの香ばしさと黄金千貫の甘い香りを調和させ、独特の風味を作り上げています。

このお酒を造る大石酒造は、小規模だからこそできる焼酎造りへのこだわりを重視し、杜氏による手造りの製法を守り続けることを使命と考える蔵元です。

この「撫磨杜」の他に、「鶴見」「莫祢氏(あくねし)」「蔵 純粋」など多数の銘柄を生産していますが、いずれもこだわりの手造りで醸造されています。それだけに、大量生産ができず、生産本数は限られています。

しかし、毎日の食卓で楽しめるように、どなたにも手の届く価格設定を守り続けています。

ただ、この「撫磨杜」は、蔵元が認めた酒販店にのみ販売を許可しているそうで、扱っている店は国内でも数件しかないと言われています。

『撫磨杜』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:40回
読み:なまず
酒造:大石酒造

参考:
||| トップページ ~大石酒造株式会社 |||(鹿児島県 阿久根市)
お酒紹介

38位 旭萬年

宮崎の芋焼酎「旭萬年」は、創業当時の番頭の名前が由来とされています。番頭の「亀太郎」の名から「亀は万年」にちなみ「旭萬年」と名付けられたそうです。

旭萬年には通年販売されている銘柄3種類の他に、限定商品数種類もあります。通年販売の「白麹 旭萬年」は、原料となるサツマイモ「黄金千貫」のふくよかな甘みとコクをじっくりと味わえる定番の銘柄です。

その原料の「黄金千貫」は、なんと、自社で栽培されています。芋焼酎を造るために、栄養を豊富に含んだ肥えた土壌に厳選された種芋を植え、農薬は最低限に抑え、蔵人総出で雑草を抜き、大切に育てます。

栽培は通常の100日ではなく、180日間かけてまるまると太らせて収穫します。そうやって手塩にかけて育てられた自家栽培の黄金千貫は、二度の仕込みを経て旭萬年に仕上げられます。

蔵元の渡邊酒造場は大正3年(1914年)創業の歴史があり、現在は4代目の当主がその伝統と味とを受け継ぎ、守り続けています。

『旭萬年』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:40回
読み:あさひまんねん
酒造:渡邊酒造場

参考:
商品案内 | 有限会社 渡邊酒造場
旭萬年(あさひまんねん)とは – コトバンク

41位 しま千両

しま千両は2つの焼酎を絶妙にブレンドした芋焼酎です。厳選されたサツマイモと白麹で仕込み昔ながらの製法である常圧蒸留で作られた焼酎、それと時間をかけて熟成された甕壺仕込みの古酒。この2つが相まって、芳醇な甘味と香りを引き出しています。

しま千両は鹿児島県西之表市の高崎酒造で造られています。種子島という方が分かりやすいでしょうか?大昔は鉄砲伝来の地、今では種子島宇宙センターが有名な所です。先ほど少し触れましたが、サツマイモは島内産しか使用していません。種子島では全国でも有名な安納芋が豊富に収穫される事から、焼酎作りにも活かされています。また仕込みの水にもこだわっています。工場敷地内の地下162メートル付近にある地底岩石の亀裂から湧出するミネラル豊富な水を使用しています。

高崎酒造の創業者は元々鹿児島市内で生活していましたが、明治25年に種子島に渡り、島内で行商を始めました。そして明治36年に焼酎製造免許を取得しました。昔も今も、地元に愛される酒蔵となり、自然を大切にしながら種子島の産業を支えています。

『しま千両』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:30回
読み:しませんりょう
酒造:高崎酒造

参考:
種子島の美しき宝石☆「しま千両 」のご紹介!! | 富屋酒店~nagoya~
鹿児島芋焼酎[高崎酒造]|高崎酒造[モバイル用]

41位 まーらん船

まーらん舟は年に1度しか出荷しない、大変貴重な黒糖焼酎です。アルコール度数は25、33、41度とあり、自分に合ったものをセレクト出来ます。

また、この変わった名前ですが、これは様々な国の航海をし、琉球の繁栄を支えていた「馬艦船」に由来しています。

濃厚な甘さとビターな味わいを後口まで十二分に楽しませてくれます。原料である黒糖はすべて徳之島です。芋に比べ、口当たりがクリアで飲みやすいと女性にも人気です。

酒蔵は鹿児島県奄美市にある富田酒造です。日本返還の声が高まる昭和26年に創業しました。奄美群島には、奄美群島(奄美大島・加計呂麻島・請島・与路島・喜界島・徳之島・沖永良部島・与論島)のうち5島に27の蔵元があります。富田酒造は奄美の蔵の中でも生産量が少ないですが、本格焼酎を造る酒蔵として知られています。

黒糖焼酎といえば、奄美群島でしか造ることが出来ないお酒です。その理由ですが、戦後、奄美群島はアメリカの支配下に置かれ、後に食料不足が起こり、焼酎を造る事が難しくなりました。米に変わる物をと考えた時、当時の酒蔵は黒糖に注目し、造られた黒糖の焼酎が地域に根づいていきました。

そして月日は流れ、奄美群島は昭和28年に日本返還されました。しかし日本では糖類を原料とする蒸留酒は、焼酎として認めていなかったのです。このままだと焼酎よりも高い税金を支払う事になります。そこで特例として、黒糖焼酎を焼酎として認める事にしました。また江戸時代、黒糖は献上品で大変貴重な品でした。しかし戦後に黒糖の余剰となったのも黒糖焼酎が誕生するキッカケになったと考えられます。

大変な時代、蔵元の努力と知恵で出来た黒糖焼酎は芋や麦などと比べて少し高めです。ですが、限られた地、また良質な黒糖があってこその価格なんですね。

『まーらん船』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:30回
読み:まーらんせん
酒造:富田酒造場

参考:
黒糖焼酎 まーらん舟 33% 2016 1.8L|幸せの酒 銘酒市川
龍宮 まーらん舟 蔵和水 かめ仕込 らんかん 富田酒造場 黒糖焼酎
黒糖焼酎 奄美群島だけで造られる稀有な酒 | たびらい鹿児島
有限会社富田酒造場

41位 やまかわ

古酒にこだわる蔵元が造り出したやまかわは、泡盛らしさを残しながらほのかな甘味が癖になる逸品です。

泡盛はアルコール度数が高い物が一般的なイメージですが、やまかわは5種類の度数があります。25度、30度、35度、40度、43度と5種類あり、泡盛初心者の方には25度がお勧めです。「うまさ、飲みやすさ、買いやすさ」を追求したしたそうで、蔵元もホームページで太鼓判を押すほどです。

麹は芋焼酎にもよく使われる黒麹を使用しています。そして原料はタイ米を使用しています。なぜタイ米なのか?それはタイ米が硬質で黒麹との相性が良かった事、そして製造する際に管理がしやすかった事と言われています。沖縄の風土(暑さ)に合い、まさに一石二鳥だったんですね。

やまかわは沖縄県本部町の山川酒造で造られています。日本一早い桜祭りが行われる八重岳の麓に酒蔵があります。山川酒造は古酒にこだわりをもっており、ファンの間では「古酒のやまかわ」と呼ばれているのだとか。その所以ですが、例えば10年古酒と8年古酒をブレンドした場合、さらに2年寝かして10年物と売り出す徹底ぶりからきています。沖縄では戦争の影響で100年超えの古酒が失われましたが、後世の為にとこだわりを持って日々泡盛と向き合っています。

『やまかわ』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:30回
読み:やまかわ
酒造:山川酒造

参考:
旭萬年(あさひまんねん)とは – コトバンク
泡盛百科 – 泡盛とは – 泡盛ってどんなお酒?
やまかわ/かねやま/珊瑚礁・山川酒造 | 地酒サンマート

41位 佐久の花

佐久乃花の焼酎は蕎麦・米・麦の3種類があります。蕎麦はまったり伸びのある味、米は優しい口当たりで飲みやすい、麦は香ばしい香りで柔らかいです。それぞれ原料に大変こだわっている為、出荷限定で貴重な逸品です。

アルコールは3種類全て25度で黄麹を使用しています。黄麹は日本酒を造る際に使われる事が多く、華やかな香りと軽やかな味を引き出してくれます。

佐久乃花は長野県佐久市にある佐久の花酒造で造られています。明治25年創業で、5代続いている老舗です。日本酒を多く手掛けている酒蔵として長野を代表する有名な酒蔵ですが、日本酒同様に焼酎も口当たりが良いと評判となっています。

今も使われている蔵は100メートル西側に千曲川の清流があった事から建設されました。創業以来、蔵元は「良い酒造りには水・米・人が三位一体である」と考えており、地元の自然や農家の方々を大切に五味(甘味、酸味、辛味、苦味、渋味)を備えた酒造りを目指しています。

『佐久の花』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:30回
読み:さくのはな
酒造:佐久の花酒造

参考:
佐久の花|会社概要・沿革
【本格焼酎・泡盛】佐久の焼酎 | 正規特約店「酒舗 清水屋」
Amazon.co.jp: 焼酎 長野 地酒 麦焼酎  限定品 佐久の花 麦  濃厚 720ml 佐久の花酒造: 食品・飲料・お酒
佐久の花 / 焼酎 【愛知県三河の地酒屋 荒川酒店】

41位 壱乃醸朝日

壱乃醸朝日は朝日という名前の通り、朝日酒造の黒糖焼酎です。しかし普通の黒糖焼酎とはこだわりが違います。一般的な黒糖焼酎は米1に対し黒糖が2の割合で仕込みます。ですが、本品は2.4倍の黒糖で仕込んでいるそうです。また現社長である喜禎浩之さんが東京農大醸造科で学び、卒業後、島に戻って作り出した最初の1本として知られています。

壱乃醸朝日は黒糖の香りがハッキリし、シャープな印象でキレ良くスッキリした味わいが特徴です。香りを感じるロックが一番オススメですが、水割りやぬるめのお湯割りも相性抜群なのでお試し下さい。麹は黒麹を使用しており、アルコール度数は25%です。黒糖のこだわりの他にも、サンゴ礁の石灰層から湧く硬水を使用している点も特徴です。

蔵元は自然豊かな鹿児島県大島郡喜界町です。創業は大正5年と、100年以上の歴史があります。近年の取り組みとして、焼酎の原料を自社栽培する活動を進めています。1999年は黒糖の原料であるサトウキビ、2010年には米、2013年には白ごまを栽培しています。

サトウキビと白ごまは有機JAS認定を取得し、サトウキビは多くの銘柄の焼酎に使われ始めています。また米も2017年から一部使用されています。白ごまはなんと生産日本一になったそうです。喜界島の産業を担う会社として、成長を続けています。

『壱乃醸朝日』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:30回
読み:いちのじょうあさひ
酒造:朝日酒造

参考:
朝日酒造株式会社:陽出る國の酒蔵:壱乃醸 朝日
壱乃醸朝日 720ml | 壱乃醸朝日(いちのじょうあさひ) | 朝日酒造公式オンラインショップ~喜界島の黒糖焼酎通販~
「朝日」シリーズ入荷、まずは「壱乃醸 朝日」 | 原酒店の気ままブログ
全国各地のこだわりの食品、注目の食材、特産品など扱う通販サイト|さんゆうねっと
朝日酒造 喜界島 / カテゴリー / 焼酎大陸

41位 揺籃

揺籃は甕壺仕込みの麦焼酎です。原料にこだわり、まろやかで落ち着いた味わいがあります。またナッツ系の香りが大変印象的で、グラスに注いだ瞬間から楽しめます。揺籃という名称は「ゆりかご」や「さなぎ」という意味で、転じて「ふるさと」「原点」を意味します。焼酎ブームの際はどんな物でもすぐに売れる時代でした。そんな時代にこそ、あえて原点にかえって本来の焼酎造りをと願いを込めて命名したそうです。

酒蔵は鹿児島県熊毛郡屋久島にある本坊酒造屋久島伝承蔵です。創業は1960年からで、鹿児島の老舗である本坊酒造が屋久島に蔵を造り、屋久島の伝統的な甕仕込みにこだわって酒造りをしています。

焼酎で甕壺仕込みというのは割りと耳にしますが、本坊酒造伝承蔵は他の蔵とは少し違います。全部で56個の甕壺があり、明治20年より現存する国産の甕壺で仕込みをしています。手入れや補修しながら使い続ける事は大変で手間も掛かりますが、タンク仕込みには出せない独特の風味が出るそうです。

またアルコール度数は25度、原料、麹ともに麦を使用しており国産です。それと焼酎にとって大切な水ですが、日本名水百選に選ばれる超軟水の水を使用しています。「屋久島は月のうち、三十五日は雨」と表現される程、雨が降る地域です。自然豊かな島の恵みと職人のこだわりがあってこそ出来た焼酎と言っても過言ではありませんね。

『揺籃』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:30回
読み:ようらん
酒造:本坊酒造 屋久島伝承蔵

参考:
麦焼酎/揺籃| 本坊酒造株式会社
【揺籃(ようらん)|屋久の島 大自然林】本坊酒造(株)屋久島伝承蔵

47位 天吹

天吹のお酒は花の中から分離された花酵母で仕込みをしています。花酵母を使用したことで、フルーティーでキレがあり上品な焼酎に仕上がりました。天吹の焼酎は3種類あり、女性や焼酎初心者の方にオススメです。温より冷といった感じの焼酎で、ロックまたはストレートや水割りが人気の飲み方です。

天吹吟醸粕取り焼酎はアルコール25%で原料は酒粕です。純米吟醸、吟醸酒などの酒粕に仕込み水を加え、タンクに2週間ほど再発酵させて蒸留した焼酎です。この製法は酒粕が新鮮な内に作業しなくてはならないため、高度な技術が要求されます。

味は香り豊かで、まろやかな所が特徴です。そして天吹花酵母仕込みには麦焼酎と米焼酎の2種類があります。アルコールは共に25%で地元佐賀県の原料を使用しており、麦は香ばしく、米は口当たりがソフトです。

天吹は創業300年の歴史がある佐賀県三養基郡の天吹酒造で造られています。以前は日本酒を多く造る蔵として知られていましたが、近年はリキュールや焼酎なども作られるようになりました。蔵の息子さんは「木下兄弟」として有名で、商品企画などを担当する長男の壮太郎さんと当時の次男大輔さんがこの蔵を支えています。

この蔵の特徴として花酵母を挙げましたが、実は、平成11年に東京農大の花酵母研究会に所属していた「木下兄弟」が、この花酵母と出会ったのが、この酵母を使うきっかけだそうです。普段日本酒を飲まない若い研究員が、花酵母を使って作られた日本酒を飲んで「この日本酒は美味しい、これなら買ってでも飲みたい」と言うのを見て、同じ若い世代の人に日本酒の美味しさを知ってもらう為には花酵母しかないと確信したそうです。

それから数年後、蔵に戻り、花酵母を使った商品を造りだし、様々な賞を受賞していきます。そして今では、地元はもちろん全国に広く知られる酒蔵となりました。

『天吹』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:20回
読み:あまぶき
酒造:天吹酒造

参考:
天吹酒造
天吹酒造 あまぶきしゅぞう 天吹 あまぶき 通販|佐野屋 地酒.com
天吹 花酵母仕込み 麦焼酎 佐賀のお酒ポータルサイト 佐賀県酒造組合 SAGASAKE
天吹 吟醸粕取り焼酎(天吹酒造47club) – 47CLUB

47位 確蔵

確蔵は原料を2種類使用している、重家酒造の珍しい焼酎です。米は地元産のコシヒカリを3分の1、地元産の二条大麦ニシノホシを3分の2使用しており、麦焼酎に分類されます。1989年製の復刻版で限定酒です。確蔵という名付けの由来ですが、蔵元の初代社長、横山確蔵の名前からきています。

アルコールは25度で、白麹を使用しています。甕で仕込んでいるのでまろやかな仕上がりで、飲むと米の優しい口当たりが広がります。香りは小麦を多く使用しているので香ばしく、奥深さを感じる焼酎です。

蔵元の重家酒造は、九州北部の玄海灘に浮かぶ島、長崎県壱岐にあります。重家と書いて「おもや」と読みます。昔から島で酒蔵をおもやと呼んでいた為、そのまま屋号にしたそうです。

創業は大正13年で、現在も初代社長の横山確蔵の言い伝えである「現代に左右されず、初心にかえり原点に戻るべし」を受け継ぎながら、機械を使用せずに木製のこし機で手作り焼酎を造りを続けています。手間と労力が大変に掛かりますが、機械には出せない味を出してくれているのかもしれませんね。

『確蔵』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:20回
読み:かくぞう
酒造:重家酒造

参考:
重家酒造 壱岐の島の小さな蔵|酒造案内
焼酎「ちんぐ・確蔵・村主」の正規特約店-酒やの鍵本

47位 自我田

自我田は有機オーガニック米を使用しており、原料に大変こだわった米焼酎です。自我田は年に一度しか販売されず、しかも特約店の中でも限られた所にしか出荷されないプレミアム焼酎です。いつもの焼酎に飽きた方、ひと味違う焼酎を飲みたい方はお試し頂きたいです。

アルコール度数は25度、麹は白麹を使用しています。無濾過なので、炊いたご飯の香りが口いっぱい広がります。ロックもオススメですが、お湯割りや熱燗などにするとお米の旨味や香りがより引き立ちます。

蔵元は球磨焼酎の発祥の地でもある熊本県球磨郡にある豊水酒造です。創業は明治27年で、四方を九州山地に囲まれ、近くには三大急流の一つである球磨川の源流が流れる自然豊かな地にあります。

またプレミアム焼酎に使われる米は自社田で田植えし、毎日の雑草取りや稲刈りなど、全て豊水酒造織オリジナルで生産しています。無農薬なので大変に手間がかかりますが、1990年から始めているそうです。

『自我田』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:20回
読み:じがでん
酒造:豊永酒造

参考:
豊永蔵HP
球磨焼酎・文化  球磨焼酎酒造組合
豊永蔵 無濾過 自我田(じがでん) 25度 1.8L | IMADAY(いまでい)

47位 赤の松藤

赤の松藤はサトウキビから生まれた黒糖酵母を仕込みに使用し、さらに蔵元のこだわりである三日こうじ(老麹)を合わせた特色ある泡盛です。また昔ながらの手法を守りながらじっくりと寝かした泡盛と黒糖酵母の斬新さがマッチして、新定番の人気商品となっています。
アルコール度数は30度ですが、軽い甘さと華やかな香りが感じられます。黒糖酵母を使用した事で、泡盛に馴染みが無い人にも飲みやすい味になっています。

黒糖酵母は東京農業大学短期大学部醸造学科の中田久保教授が、黒糖の集積培養液から分離した酵母です。赤の松藤の立役者といったところでしょうか。

蔵元は沖縄県にある崎山酒造蔵です。全国酒造コンクールの泡盛部門で1位を何度も獲得している蔵元です。

崎山酒造蔵の創業は初代社長の崎山オトの力が大きかったようです。崎山家に嫁いだ後、実家の家業であった造り酒屋を明治38年から始めます。妹の助けを借りながら店を切り盛りし、病気がちだった夫を支えながら子育てを行っていました。しかし35歳の若さで夫が亡くなってしまいます。舅(しゅうと)の起志と相談し、当初始めた造り酒屋を妹に譲り、新たに酒屋を買い取ったのが崎山酒造の前身となったそうです。オト、舅、子供達で酒造りを続け、後に長男の起松が二代目に就任しました。

最後に赤の松藤の名前の由来ですが、素敵なエピソードがあります。二代目の起松と妻の藤子の1文字ずつをとって「松藤」と名付けたそうです。今とは違い、男女対等に扱われる事が珍しかった時代でしたので、決断した二代目の懐の大きさを伺い知る事が出来ますね。こういった由来から結納はもちろん、夫婦や仲間で大切な時間を過ごす際に買い求める方も多いそうです。皆様も大切な方との一杯にいががでしょうか?

『赤の松藤』の最安値をAmazonで探す

インフォメーション
月間検索数:20回
読み:あかのまつふじ
酒造:崎山酒造廠

参考:
やまかわ/かねやま/珊瑚礁・山川酒造 | 地酒サンマート
「赤の松藤30度」崎山酒造廠 黒糖酵母泡盛の美味しさを!
「松藤」の気持ちになって、泡盛の作り方を紹介してみた – HUBLOG