宝山という焼酎のシリーズがあります。鹿児島県日置市にある西酒造株式会社さんが作られている、人気の焼酎で、2018年現在、9種類の宝山があります。黄金千貫(コガネセンガン)を原料に使用した5種類の宝山と、それ以外の芋を使った4種類の宝山です。

この中でも特に人気が高いのが、富乃宝山です。焼酎ブームの火付け役にもなったお酒です。

なぜ『富乃宝山』が焼酎ブームを牽引したのか?

焼酎ブームの中でもひときわ人気の高かった富乃宝山ですが、その理由はなんでしょう?

それは、富乃宝山がそれまでの常識に反して「臭くない芋焼酎」だったからです。従来のいも焼酎というのは、「臭い」と考えられ、若年層にはあまり受け入れられませんでした。

しかし、富乃宝山や魔王などの臭くない芋焼酎の登場によってこの概念が覆され、より多くの人に焼酎が飲まれるようになったというわけです。

そもそも富乃宝山は、企画の段階で「静かなバーカウンターにも似合うように」設計されたそうで、焼酎の元来のイメージとは目指していた先が違ったようですね。

控えめな甘さと、癖が少ないことが特徴のコガネセンガンと、日本酒でも使用されている黄麹を原料に使用したことでフルーティーな爽やかな香りと、キレの良い口当たりを生んでいます。

そのほかの宝山シリーズ

ラインナップは季節や都市によって変わってくると思いますが、2018年現在、西酒造さんでは、富乃宝山の他にも色々と焼酎を出されています。

黒麹仕込みの『吉兆宝山』、白麹仕込みの『白天宝山』、芋を麹に使った『宝山 芋麹全量』、綾紫を麹芋と掛け芋の両方に使った『綾紫芋麹全量』同じく綾紫を使った『紅薩摩宝山』など、ユニークな焼酎がいっぱいです。

西酒造さんでは、より味わいのあるお酒を造る為に自社試験農場で30種類以上の芋を育てていたり、専用の米蔵を建てたりしているそうです。選びに選んだ素材を使っていると理解できるエピソードですね。

西鋳造の宝山シリーズには瓶のどこかに隠れ文字が入っています。富乃宝山の瓶の中にもあるので、購入した方は飲み終わった後のお楽しみにしてみてください!

宝山を飲んだ焼酎好きのレビュー

さて、ここからは『宝山』を飲まれた焼酎好きの方によるレビューをご覧いただきます。もし「私もレビューを寄稿します!」という方がいらっしゃいましたら、レビュー募集のページからぜひご応募ください。

一度管理人の方で目を通しますが、極端に問題のある投稿以外はそのまま掲載させていただきます。


性別:男性
年代:20代

優しい口当たりと芋本来の甘さと香りで不思議と一気に飲めてしまいます

私は焼酎を普段あまり飲まないのですが、雰囲気のよい居酒屋さんなどでたまに飲む焼酎が大好きです。

3Mと呼ばれるプレミア芋焼酎「魔王」と「村尾」を飲んでからすっかり芋焼酎にはまってしまった私が芋焼酎の飲み比べをしている時に出会ったのがこの「宝山」という芋焼酎です。

飲み方ですが、ストレートでいただきました。まず何といってもにおいがとても素晴らしいです。フルーティーな香りとはまた違って、芋本来の特有の香りが広がります。

そしてその味わいですが、とても上品。優しい口当たりから、どんどんどんどん口の中に芋の優しい甘さと香りが広がっていきます。アルコール度数は25度で辛口ということで格別飲みやすいお酒ではないはずですが、優しい口当たりと芋本来の甘さと香りで不思議と一気に飲めてしまいます。

この日は友人の誕生日会だったので私が主役の飲み会ではなかったのですが、気が付けば「宝山」をストレートで飲み倒していました。飲みやすいからと言って飲みすぎてはいけません。要注意なお酒です。


性別:女性
年代:30代

富乃宝山は女性のファンが多いと聞きますが、芋焼酎臭さが少ないので納得です

社長が焼酎界のカリスマということもあり、西酒造はヒット作を作り続けています。

その一つである富乃宝山。
個人的な意見ですが、富乃宝山の最大の特徴は香りだと思っています。グラスを傾けると、フルーティーな香りを感じます。柑橘系で、まるでワインのような香りです。これが女子的にはたまりません!(…もう女子というくくりも違和感満載の年なのですが。)この香りは、黄麹の影響が大きいと思われます。黄麹は日本酒で使われることが多いので、日本酒好きの方にも合うと感じます。

富乃宝山の飲み方ですが、ラベルに「氷割りで旨し」とか書かれてある通り、ロックがオススメです。ですがアルコールが強いので、個人的には氷多めで水をやや少な目で割って飲むのが好きです。私、実は焼酎はお湯割り派なのですが、富乃宝山はやっぱり冷えたものに限ります。口に入れた瞬間からフルーティーな香りが広がり、芋焼酎の独特のクセを強く感じることがなく、程よく芋の甘味を楽しむことができます。それでいて、キリッとした口当たりがたまりません。富乃宝山は女性のファンが多いと聞きますが、芋焼酎臭さが少ないので納得です。

それと、飲みすすめるとラベルの裏に「ありがとう」の字が見れるようになるのはご存じですか?ちょっとしたことですが、蔵元の優しさを感じます。と、同時に「もうすぐで無くなってしまう・・・」という悲しさも感じる私です。


性別:女性
年代:30代

富乃宝山は女性のファンが多いと聞きますが、芋焼酎臭さが少ないので納得です

よくお世話になっている居酒屋で頂きました。お刺身が有名なお店です。そんな所縁のあるお酒なので、親しみやすさがあります。

富乃宝山は、芋が苦手な方でもこれならおすすめ飲めるという方が多いです。女性にも人気な銘柄です。

味は、あまり芋臭さがなく柑橘系のフルーティーな香り、飲みやすく口当たりさっぱりなのでグイグイいけるのです(笑)すーっと喉を通ってくると思えば、後から柔らかい甘みがあります。

この甘さの秘密は、鹿児島県産の薩摩芋「黄金干貫」と、通常日本酒などで使用される麹菌の黄麹を「黄麹仕込み」です。低温発酵して腐敗させないように丁寧に作り上げた宝山は日本酒に似た吟醸香が漂います。飲み方は口当たりあっさりなので風味を楽しむならロックかストレートがおすすめです。

お湯割りは逆に風味を損ねますので、、あまりおすすめじゃないです。より爽快に飲むなら炭酸割りも捨てがたいです。

お値段もそんなに高くないので、贈り物や特別な日におすすめです。


性別:男性
年代:40代

毎晩飲んでも飽きないような優しさも併せ持っています

焼酎好きにはとても有名なブランド「宝山」。

ひとくちに「宝山」と言っても「富乃宝山」や「吉兆宝山」など、宝山の名を冠する焼酎は数多く存在し、それぞれがとても人気を誇る焼酎ブランドとなっているようです。

個人的には、「宝山」は、いかにも芋焼酎らしい芋焼酎という印象です。とことん、芋の香りとおいしさにこだわり作られている焼酎で、栓を抜いた途端、いかにも芋という芳醇で甘い香りが立ち上がります。

飲んでみると、サツマイモの甘い香りがストレートに伝わってくる正統派芋焼酎。しかし香りにクセはなく、毎晩飲んでも飽きないような優しさも併せ持っています。口当たりはまろやかで、焼き芋のような香ばしさと甘味が混じりあい、とても濃厚です。しっかりとした肉厚感を感じさせる味わいは、まさしく芋焼酎の王道を思わせます。

飲み方は、好みが分かれると思いますが、私はオンザロックがおいしいと感じます。芳醇で濃厚な宝山を、しっかりと冷えたオンザロックでぐいっと飲んだ時の、鼻に抜ける香りとのどごしがたまりません。